思い出 その2

2019.12.05 Thursday

Motor Press Fujiwaraくんから写真をいただきました。いつもありがとうございます。

 

 

 

他の国のクラシックバイクのイベントってGOODWOODくらいしか知りませんが、この出で立ちで走ってるレースは無いんじゃ無いかなぁー

もちろん装備は安全なんですか?って聞かれると怪我は自分持ちとしか言えませんが、これもFoSTのひとつのアイデンティティ。

安全マージンの少ない古い時代の乗り物のレースは全般的にそんな感じだと思います。

 

 

 

もう一台いたんですが、コルチナ軍団。

なかなか壮観です。

次回もう一台コルチナが増えそうなお問い合わせをいただいておりますがどうなるでしょう。

サルーンが盛り上がるのも良いですね。

 

 

 

定着したサイドカークラス。

前回ピーキーな動きで苦戦した「エレン」ですが、練習でだいぶドライバーも慣れたか?ドライブが上手くなったそうです。

急遽お願いしたパッセンジャーFさんは女性で、しかもグリッドレディまでやってくださる〜すごい方!

もっと出てこい!3輪車〜?

 

 

 

初の2ndドライバーでSengoku JapanがジネッタG4で参戦。

あまりに速いマシンでびっくりしたそうですが楽しかったならよろし。

乗ってね!って言われても自分のマシンじゃないと気を使うのはみんな一緒ですから。

また次回!

 

 

 

Vintage Tourist TrophyにエントリーのDucati Mk3、Iさん。

慣れてるなー

奥のコーナの姿勢はラインどりで結構腕がわかるらしい・・・

 

 

 

Sebring 40M耐久レースも定着したというより人気?

14台エントリーでしたが、予選で壊れて出られなくなったりでスタート台数は減りましたが顔ぶれはまぁまぁです。

主催者を頭を悩ますハンディキャップですが今回はまぁまぁ?

初参加のマシーンとドライバーポテンシャルは読みきれないですね。

 

 

 

こちらはTintop(サルーンクラス)ですがなかなか良い絵。

サルーンの台数ももっと増えますようにと願いつつ・・

 

もう少しつづく?

 

 

コメント
コメントする