行く年来る年2018 その2

2018.12.31 Monday

 

 

春のサイドウェイは肝を据えて始めた耐久レースが意外と上手く行ったっけ。

剣さんもBMW2002で初参戦とか話題にも上がったし。

事故もあったけどドライバーに怪我がなくてホントに良かった。

 

個人的には自分のヒーレー3000の手を入れてなさすぎにちょっと反省。

もうちょっとアップグレードしたいよな。結果はわからない、やったっていいことも悪いこともあるのも事実だからねー

 

 

 

リストアの仕事の方でいえば、長い時間がかかったけどオースチンA35が仕上がったのが嬉しかった。

サイドとルーフの色は迷ったけどね。

 

いい感じに仕上がったのはいいけど貰い手いまだに見つからず。。。

誰かいい人いません?

 

 

 

これも大変だったMGAのフルリストアが済んだ。

シャシーアップからのフルリストアだったからいる物の山でした。

しかもこんなにボルト&ナットがいるんだって知りました。

モノコックの車と違ってシャシーがある車のリストアは大変ですね。

 

 

 

9月のGOODWOODの最中にその悲報を聞きました。

昔イギリスのレースに参戦した時、右も左もわからない東洋人に本当によくしてくださった、バリーウィリアムズさん。

いつかはサイドウェイにお呼びしたかったんですが叶わなかった。

車は治せても人は・・・

ご冥福をお祈りします。

 

 

 

走れば減るし壊れる、でもまた直してまた走る。

繰り返しだよね。

飽きずに飽きずに。

このTR2もエンジンが逝ったけどすぐに参加が決まっていたイベントに間に合わせたよ。

できることはいくらでもやるよね。

 

 

 

色々あった今年ですがご褒美もあったよ。

少しだけまた自分のクラシックカーレースに対する気持ちが立ち直ってきたかもしれない。

ヒーレーも次のプランがまた出来たしね。

 

 

 

初のお立ち台。

久しぶりにチェッカー受けた後にハンドル握ったまま雄叫びしたわ。

色々大変だったしね、ちょっとご褒美。

 

継続は力だってさ、飽きてもやめない力。

もともと飽きっぽい性格なのになぜかまだ続けていられるよ。

 

また次回を楽しみにしてますって言ってくる人がいるうちはやーめたって言えないらしい。

 

 

今年も皆さんに支えられたありがたい素敵な一年でした。

もうすぐ2019年です。

どうぞ風邪など引かないように良い新年をお迎えください。

 

今年一年本当にありがとうございました。

ではでは

 

 

 

関連する記事
コメント
コメントする