そろそろMGBからスタート

2018.11.17 Saturday

 

クーが帰っちゃってどこに隠れてるの〜って探すジーナ。

そのうち慣れるんですけどね。

風もなく秋らしい天高い秋晴れの砧公園の散歩はとても気持ちが良いです。

マーニも涼しいから調子が良いらしい。

 

 

 

朝一にちょっと前に納車したMGBがホロのたたみ方で質問ご来店。

さらに古い時代のクラシックカーに比べればMGBの幌はとても良くできてますが、一応開けるのにも順番があったりしますね。

そう、ここまで畳められれば英国製ロードスターの出来上がり。

幌が出っ張っちゃっているとコンバーチブルに見えちゃうし。

え?何が違うかって?

そんな疑問のあなたはちゃんとググって調べてみてください。

 

 

 

完成したカニ目ですが一応テスト走行をしてみますが問題ないです。

そもそもこう行った問題点って結果は大したことがなくても、その結論に至るには様々あります。

プロはいつも「さすがです」って言われるくらいでいたいですね。

 

 

 

クラッチトラブル2号のOh!No!くんがカニ目の引き取りです。

どうして壊れちゃうんですかね?

そう、クラッチを踏まないと壊れない!嘘です。そんなこともないですが踏んだ回数が多いほど壊れるのも事実。

寿命の短いカーボン・レリーズベアリングも対策品のローラーベアリングタイプがありますがそれだけで¥50000-くらいします。

高くても長寿命を取るかは・・・あなた好みで〜OKです。

 

 

 

最近乗ってないから・・・久しぶりに自分でメンテナンスするTsugune。

まぁちゃんとした立派なメカニックですから大丈夫でしょう。

久しぶりにオイル交換とブレーキチェックですが、リヤホイールシリンダーがダメ。

来週もう一回やり直しです。

 

 

Tsuguneの手が空いたんでバイトしてもらってます。

そう、トロフィーのクラス分けとプレートのチェック、そして貼り直しです。

イギリス製だからねー、エントリーも確認作業にも追われたり。

事務局は文句も言わず(ウソ)ひたすらニコニコ鼻歌交じりに仕事をするのでした。

 

今日はこの辺でおしまい

 

関連する記事
コメント
コメントする