ところでTR2は?

2018.10.31 Wednesday

 

La Festaでなんとか完走を果たしたTR2 Arakawa号ですが、ゴール後引き取れったらエンジンからひどい煙。

何かが叩いてる音も少々。

次のラリーまで時間がないんで徹夜でエンジンの修復にあたってます(ウソ)。

でも頑張らないと・・・

 

 

 

エンジン開けてびっくり!

なんじゃこのリフター(タペット)!

20万キロ走った?そんな感じの減り方。

オイルが悪いか、リフターの材質が悪いか・・・

 

 

 

もっとびっくり。

粉々のピストンリング。

な、なぜだ!

1〜4までコンプレッションリング全部、3番はセカンドリングまで折れてた。

なぜだ!

 

 

 

棚落ちレベルじゃないけど理由がわからん。

でもピストンのあたりだけはよろしい。

まぁね、古いタイプのピストンはわかるが、しかしなー

 

 

 

これ、新品のピストンとライナーのセットです。

レース用の鍛造も検討したんですが7500rpmから回すエンジンじゃないし、めちゃくちゃ高価。。

下側のメビウスタイプのガスケットも特殊らしい。

ライナーも特殊だしもう一回、もう一回だけ純正の、でも違うデザインのピストンを選んでみました。

見た目だけじゃいいかどうかはわからんけど。。

 

明日中にいいところまで行って欲しいところです。

今日はもうそろそろおしまいにします。

 

って言ってたら、えっ、サイドカーのお願いに誰が来るって?

もうちょい帰れないらしい。。

 

つづく

 

コメント
コメントする