ありがとう、 北の国から

2020.06.06 Saturday

 

昨日、10数年ぶりくらいに「北の国から・遺言」のDVDを見ました。好き嫌いが分かれるまぁ古臭いドラマとも言えるのかもしれません。

不思議ですが、テレビ放映された1981年頃はドラマ自体に全く興味なし。

劇中の純(吉岡秀隆)の気持ちに近くて、なんで不便な田舎暮らしわざわざしなきゃいけないんだって思ってました。

いつも世代のギャップ、地域のギャップ、現実で十分!いろんな見たくないトラブルばっかり。

 

それがだんだんこの中畑のおじちゃん(地井武男)や、五郎(田中邦衛)の気持ちに近くなって行ってる自分がいます。

新しいものを追っかけたり、刺激を求めるところから段々。。

ご近所で何度かお店にもお越しいただいた地井さんも他界してだいぶ経ちます。

ドラマなのか本当なのかも混濁していくように自分たちの日々も過ぎて行きます。

ドラマなんかに人生観語られたくなんかないって言ってる人もいますが果たしてそうなんでしょうか?

原作者の倉本聰の話を昔聞いたことがありますが、彼の伝えようとしているのは、その時代の主流的価値観を否定しているのではなく、物事には2面性があり、自分で気づく、または探せばいいと言っているに過ぎないと思います。

ただ便利とか目の前のことだけ簡単に片付けるだけの生き方では、人生が豊かにならないって言っているんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

所詮ドラマですが、昔より見方も感じ方も自分の中で大きく変わったのを強く感じました。

20歳代では感じない、もうちょっと深い感覚も立派なおっさんです。

 

どうでもいい話ですが、宮沢りえに特別の感情はないのですが、彼女の登場する場面がとても好きです。

そしてとても切なく、テーマが流れると泣けてきます。

なんでしょう。

ただただ切ないんです。

 

あくまで個人の感想ですからどうでも良い方はスルーしてください。

でも、誰か同じこと感じる人いるんでしょうか?

 

ちょっとしたDVD感想文でした。

では。

 

 

 

 

金子少年のヒーロー

2020.05.01 Friday

 

金子少年6歳の作品。

なんだっけ、ロケット人間、ジャイアントロボじゃなくてマグマ大使だ。

でもなんで漫画なんだろ?

当時は実写版だったよなぁ

 

 

 

なんだろ?

少年ジェッターでもないし、記憶の片隅にはあるんだけど・・誰か知らない?

 

 

 

やっぱり6歳の作品。ウルトラマン、割とシュールだ。

人間が入ってるってちょっと知ってた。

でも、光とか陰影があって結構ディテールにこだわりがあるなー

 

もういい?

 

あん時の金子少年

2020.04.29 Wednesday

 

フェイスブックの変な罰ゲームから、絶対に掘り起こさないはずだった実家に眠るアルバムをご開帳しました。

昔を懐かしむ趣味はあまりないのですが、還暦だしまーいーかと。

見れば昔はマメだった、この頃のアルバムが実に細かく整理整頓されていてびっくり。

特に15歳から19歳の小僧の時代、何しろいろんな所に自転車で行っていた!

毎週毎週飽きずに。

上は大晦日から元旦にかけてAkihikoと行った17歳の頃行った日本平。クソガキは正月も家には全くいないのでした。薄着でびっくり。

 

 

 

その夏の金精峠、日光一泊。

高校1年生?バカですな、勉強嫌いもここまで行けば本物です。

同級生と作ったお手製のチームジャージを着て出かける息子は「競輪選手にでもなるのかっ!」って怒鳴られてました。

聞く耳持たないダメ少年でしたね。

 

 

 

その冬、12月29日30日で行った山梨?木賊峠。信濃川上からはまさかの雪で、今みたいに調べる手段も無かったんでガチ遭難しかけました。

今見ても軽装、ウインドウブレーカーに大した防寒の服装ではない。

ダウンとかあったか下着とかない時代にただただ峠を目指して走ってたんだろよなー。

毎日寝る間も惜しんで自転車いじっていたねー。

 

そんなおっさん、今は・・・

つづくかも?

 

 

休みは休み

2020.03.09 Monday

 

いやーお休み満喫。

久しぶりのゴルフ〜石岡。

あったかいいい天気でのんびりで充電できました。

 

休みは大切です。

 

 

日帰りセントアンドリュース

2020.02.03 Monday

 

今日も極寒の2月とは思えない春の陽気ですね。

あまりに過ごしやすいんでチャーター機でスコットランドまでゴルフに行ってきました。

セントアンドリュースも同じ様な陽気でした?

温暖化も・・・寒がりなおっさんにはちょっとだけありがたかったり。。